ラグドール専門キャッテリーです。


by bambiniragdolls
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

薪ストーブが我が家に♪

最近、薪ストーブや暖炉がテレビや雑誌で話題となってますが、
そのブームにのってしまったラグラグです、こんばんわ~♪


c0117597_2316841.jpg



この家で初めて冬を迎えましたが、エアコン、床暖房を全開にしても、
部屋は暖まりますが、体がどうも暖まらない。
それに、何よりも極度の乾燥が耐えられませんでした。
加湿器を運転させても焼け石に水・・・・みたいな。

なので思い切って、薪ストーブ導入(笑)
我が家に設置したのは、アメリカのバーモントキャスティング社のイントレピッド2のレッド。
煙突工事に2日かかりました。
炉台や炉壁も、仰々しくレンガなどを積み上げなくても、
こんなガラスの炉台やスタイリッシュなステンレスのプレートでしっかり役割を果たしてくれます。

c0117597_23242364.jpg


薪が燃焼すると、熱と共に体の内部まで達する遠赤外線を出し ます。
もちろん、家の中も暖まりますが、エアコンなどとは比較できないくらい心地よい暖かさです。
リモコン操作ひとつで、温度設定ができるという便利なものではありませんが、
間伐して山を良くして、その間伐材の薪で暖をとり、そしてその炎を利用して料理をし、
残ったミネラルいっぱいの灰は上質な肥料として土に返る。
これって究極のエコですよね?
でも、この薪ストーブ、結構世話が焼けます(苦笑)

まず、暖まるのに1時間くらいかかりますので、朝バタバタ忙しかったり1日中家に人がいないお宅は無理かも。
そして、薪の保管場所が必要。1シーズン中必要な薪はハンパありません。
我が家の場合、軽トラック一杯分が3ヵ月分。
その薪が、結構お高い。
ネットで買うと1束700円以上(送料別)1日2束は使います。
我が家の場合、薪ストーブ屋さんで購入するので1束480円。
薪は1年~2年以上乾燥させなきゃいけないので、来シーズンの薪も保管しなければいけません。
メンテも毎シーズン終わった後、煙突掃除をしなければいけませんが、
まさか自分が屋根に登って・・・なんかできっこないので、業者に依頼。
ここまで聞くと、薪ストーブなんて・・・・と、思う方も多いかと思いますが、
ゆらゆら燃える炎を眺めてると癒されますし、体にもとっても良いんですよ(キッパリ)

クッキングトップにケトルを置けば加湿器代わりになり、おまけにお湯も沸かせますし、薪ストーブは煮込み料理も大の得意です。
炉内もクッキングスタンドさえあれば、ピザやパンも焼けます。
c0117597_23375829.jpg


早速、丹波の黒豆を煮ます。
薪ストーブ料理には、この イッタラ・サルパネヴァのキャセロールが大活躍です♪


設置を検討中の時、一番心配したのは、
このクッキングトップににゃん子が乗ってしまうことでした。
ストーブ自体も熱いのですが、トップの部分は、220~250度になりますので、
誤って乗ってしまったら、肉球を大やけどしてしまいます(汗)
小さな子供を近づけさせない、ハースゲート(フェンス)の設置も考えましたが、
それもにゃん子たちには何も役に立ちそうにないので却下。
何か方法はないか考えましたが一番いいのは、常にトップに鍋やヤカンを置くことに落ち着きました。

実際、ストーブを焚いてみると、
こちらが心配するようなことは全くなし。
本能で、熱いから危険!と、いうことを皆さんご理解して頂けたようです(ホッ)
c0117597_23533442.jpg


床暖を入れてなくても、トン子ちゃんはおっきなお腹を上にしてぬくぬく♪



c0117597_2354304.jpg


シャロンちゃんは、暑がりなのでちょっと離れたところでぬくぬく♪



グレおちゃんも、いつものベッドでの~びのび♪
c0117597_05523.jpg


にゃん子たちにもとっても快適なようです。
by bambiniragdolls | 2010-01-30 00:33 | ラグドール仔猫